選び方が大事なコエンザイムQ10

コエンザイムが不足するとどうなるの?

コエンザイムは抗酸化作用が高い成分であるため、アンチエイジング効果があります。

人の身体には、活性酸素というものを作り出しています。この活性酸素は、身体の中に入ってきた毒物やウィルスを分解し除去してくれる効果があるのですが、身体の中でこの活性酸素が増えすぎてしまうと、健康な細胞まで活性酸素が攻撃してしまうため、細胞が老化してしまったり、病気の原因となってしまうのです。

コエンザイムはもともと人の身体の中で合成されていますが、加齢とともに合成力が失われて行くため、細胞の老化も進んでしまうのです。

コエンザイムは、身体のあらゆる場所で使われており、特に使われるのが心臓です。心臓では40代で3割失われ、80代では5割失われて行きます。

コエンザイムは豚・牛などの肉類、イワシなどの青魚、豆腐や卵などに含まれていますが、ごく少量しか含まれていません。そのためコエンザイム不足になる30代後半から、なんとなく身体が疲れやすくなってきたり、風邪をひきやすくなったり、頭や肩がこりやすくなるのです。

身体が不調になると、精神的にも問題が出てきます。やる気や気力などがなくなってきてしまうため、日々の生活にも影響が出てきてしまうことでしょう。コエンザイムは人の身体に欠かせない成分でもあり、中高年から体内で作りだす力も失われて行くため、いつまでも健康で若々しくいつづけるためにも、サプリメントで補ってあげる必要があります。

↑ PAGE TOP