選び方が大事なコエンザイムQ10

食品に含まれるコエンザイムの量

コエンザイムは人の身体の中で生成していくことができます。

食品にもコエンザイムが含まれており、毎日の食事の中でもコエンザイムを摂取することは可能です。コエンザイムが含有されている食品には、ブロッコリーやホウレンソウ、豆腐や卵、大豆、ピーナッツや牛肉、豚肉、青魚などがあります。

しかし、食品からコエンザイムQ10を摂取しようと思うと、ほんの微量しか摂取することができません。一日に必要なコエンザイムの量は150ミリグラムですが、イワシなら30匹、450グラムのステーキなら10皿食べる必要があります。食事から一日の摂取量を取ることは不可能ですが、サプリメントであれば簡単に摂取することができます。

若い時期はコエンザイムは体内で生産されるため、コエンザイム不足を心配する必要はありませんが、問題なのが中高年の時期からです。30代後半から、体内で生産されるコエンザイム量は加齢とともに減少していきます。高齢者ほどコエンザイム量の低下が著しいため、30代後半からはサプリメントで補ってあげる必要があるのです。

コエンザイムを効果的に体内に取り入れるためには、空腹時に摂取してしまうとあまり効果はありません。コエンザイムは脂に溶ける性質を持っているため、この性質を活かし、食事中か食後すぐにサプリメントを服用するとコエンザイムの吸収率が高まります。

若い方であれば、コエンザイムは食品から、中高年の時期からはサプリメントを取るとよいでしょう。サプリメントの選び方はこちらhttp://www.fdubg.com/select.htmlを参考にするとよいでしょう。

↑ PAGE TOP