選び方が大事なコエンザイムQ10

コエンザイムとビタミンE

美容や健康維持に有効な作用をもたらすコエンザイムは補酵素といわれ酵素を補う成分の一つです。

コエンザイムは脂溶性のため脂肪に溶けやすい特徴があります。そのため脂分を多く含む食材とともに摂取することで身体への吸収率が高まります。

コエンザイムを多く含む食材としては、牛心臓11.3mg、鳥心臓11.6~13.2mg、豚心臓1~12.8mg、魚(赤身)4.3~6.7mgなどがあげられます。

しかし、前述でも解説したとおり、コエンザイムは脂分の多い食材と一緒に摂取することが望ましいのですが日本の食文化には脂分の多い食事内容は少なく欧米に比べコエンザイムの吸収効率が低下します。

吸収効率が著しくない日本人はコエンザイムを食材からではなくサプリメントなどから摂取していくことが望ましいでしょう。前述でも解説した通りコエンザイムは酵素を補うための補酵素の役割を担っています。そのために酵素成分を活性化させるためにコエンザイムを服用する際には老化防止効果の高いビタミンEhttp://www.momwriters.com/vitamin-e.htmlも一緒に摂取することでより高い効果が期待できます。

ビタミンE を豊富に含む食材にはモロヘイヤ6.5mg、かぼちゃ4.9mg、落花生7.2mgなどの食材に豊富に含有されています。

コエンザイムの一日の摂取量は30mg~300mgといわれています。コエンザイムの副作用についての解説は現在報告は発表されていませんが過剰摂取は避けバランスのいい食材と組み合わせて摂取していくことをおすすめします。コエンザイムQ10で若さを維持してみませんか。

↑ PAGE TOP