選び方が大事なコエンザイムQ10

コエンザイム分泌量低下で招く身体の変化

コエンザイムの働きはエネルギーを生成する際にサポートする補酵素の役割を行います。

この成分は人の身体の中にもともと備えられている成分でもありますが、この成分は20代をピークに年齢とともに減少していく特徴があります。人間のそれぞれの臓器ににコエンザイムは存在していますが、加齢とともにその濃度は低下していきます。

コエンザイムには強い抗酸化作用の働きがあり、臓器身体全体を錆びつきから守りますがこの濃度が減少することによりその機能も必然的に低下していきます。

低下してくると活性酸素が増加し本来酸化を抑制するコエンザイムの働きが弱くなるため身体は酸化しやすい環境へと促されていきます。酸化することにより慢性的疲労や肥満、足のむくみ、動悸、息切れ、がん疾患や生活習慣病などをはじめとするあらゆる疾患を招き、老化現象なども表れてきます。身体を錆びつき(酸化)から守るためには「最近しっかり寝ているのに疲れが抜けない」など健康を意識しアンチエイジングを必要とする年齢に達してきたらサプリメントなどを積極的に摂取していくことをおすすめします。

コエンザイムは肉(牛、豚、鳥)や魚(青魚、うなぎなど)ブロッコリー、ほうれん草などの食材からでも摂取することができますが1日30~60ミリグラムのコエンザイムを摂取する必要があります。イワシに相当すると6尾食さないとなりません。そのため効率的に摂取していくためにはコエンザイムQ10のサプリメントがおすすめです。

↑ PAGE TOP